コンテンツへスキップ

完璧が求められるUVケアの注意点

UVケアの基本は基礎化粧品などを塗ることや日傘による紫外線ガードの他にビタミンなど摂取による内部から紫外線を守ったりすることにあります。数多くあるために、自分に合ったものをするのが一番となりますが、根拠のあるものが重要となるのです。

根拠などがないことで実際には効果がなかったり、中途半端によって意味がなかったりすることによってUVケアが全く出来ていないことでシミが出来てしまうことがあります。

こうならないためには日経などしっかりした媒体のものにしたり、医師が監修しているものなど出所がきちんとしているものにする必要があります。

特にUVケアはするに効果が現れるものではないので、間違った方法をすることで将来の肌に多大な影響が出てきてしまうこともあるのです。そのためにUVケアが間違っていたのが分からずに続けてしまうことがあります。

UVケアは多方面からする必要がありますが、参考にする媒体は信頼できるものにすることが大切になります。

 

細胞のダメージがシミ、ソバカス、色素沈着の原因になります

美しい、と感じるのは人それぞれの美的感覚があります。しかし一般的な美しさで例を挙げると女性の肌で美しいと感じるのは美白という人が少なくありません。健康的な肌が一番でそれに越したことはありませんが、その人その人にあった美しい肌はやはり人を惹きつける不思議ば力があるものです。特に美白に意識したケアをしている人は透明感のある肌が特徴です。

肌のキレイな人は洗顔を十分にし、色素沈着のないようにきちんとケアをします。特にアイシャドウやウォータープルーフのアイラインなどはオーガニック系のメイク落としては落としにくく、だからと言って強いメイク落としでは肌へのダメージもあるので根気よく丁寧に洗い落とすのが基本です。

また夏の紫外線によるダメージで細胞がダメージを受けるとシミやソバカスの原因につながります。顔はもちろん首やうなじ、手首などにも日焼け止めをしっかりと使い、化粧水や乳液でしっかり肌を休めることも重要なポイントです。さらなる手厚いケアとしてレベルの高いサプリを飲むのもいいです。

 

コットンを用いた保湿スキンケアの方法をご紹介

日中、ファンデーション等メイクをしっかりしていると、思っている以上に肌は疲れてしまいます。メイクオフの後は、しっかりとスキンケアをすることが、いつまでもきれいな肌でいるための秘訣です。乾燥肌の方はもちろん、皮脂が多いと感じる方でも、保湿はスキンケアの中で最も重要です。

今回は、コットンを用いた簡単な保湿スキンケア方法をご紹介します。用意するのは、コットンと、お水、化粧水。化粧水は、保湿成分の多いものを選ぶと良いでしょう。

コットンをお水でひたひたにした後、両手でプレスして優しく絞ります。そこに化粧水を適量かけて、コットンを3枚から4枚程度に割いて、肌に載せます。10分程度置いた後で、いつものスキンケアを実施してください。

大切なのはこのコットンスキンケア実施のタイミングです。お風呂上りで肌が乾ききらないうちに実施してください。コットンスキンケアを実施することで、化粧水の保湿成分が肌に充分に浸透されることで、もちもちとした肌になりますよ。

高級パックを月に一度のご褒美として使用するよりも、安くて簡単なこの方法を毎日実施する方が、肌の保湿力はぐんと上がります。是非、この簡単コットンスキンケアを毎日の習慣にしてみてくださいね。